はじめに

弊社ではこの度、無水ヒドラジンの取扱技術を活かしタンパク質より糖鎖を切り出し供給する事となりました。糖鎖切り出し精製技術は香川大学総合生命科学実験センター糖鎖機能解析研究部門との共同研究によるものです。
現在約50種類のピリジルアミノ(PA)化されたコア糖鎖の精製品を得ております。また、ヒドラジン分解のスケールアップにより大量合成の方法を開発中です。


 (1)標準糖鎖の供給

タンパク質のC末端アミノ酸決定方として開発されたタンパク質のヒドラジン分解法は数々の改良が加えられ糖タンパク質から定量的に糖鎖を切り出す方法としても広く利用されております。

弊社では香川大学総合生命科学実験センター糖鎖機能解析研究部門との共同研究による糖鎖切り出し技術を用いて豊富な標準糖鎖を提供致します。


 (2)反応性基を持った糖鎖の供給

標準糖鎖のPA末端を還元し反応性基を有するアミノ体またはヘミアセタール体として供給する事も可能です。


 (3)ヒドラジン分解物の供給

特定タンパク質、供給タンパク質を弊社にてヒドラジン分解し、粗画分、粗製分、精製品として供給する作業もご相談を承ります。

分解サービスのお申し込みはこちら


 (4)標準糖鎖カタログ

糖鎖の分類と代表的な構造をご案内します。
詳しい構造につきましては、下記のPDFファイルをダウンロードの上でご確認ください。
※価格・納期はご相談下さい。 ※大量供給もご相談下さい。
※本標準糖鎖はin vitro研究のみでご使用になれます。
※商業目的でご利用される場合は別途契約が必要です。

最新版カタログ(130KB)(2009年4月更新)
※クリックしてダウンロードして下さい。

 高マンノース型


 複合型

 2分岐型

 3分岐型

 4分岐型


 混成型


 少マンノース型


 外部リンク

弊社提携企業“バイオアソシエイツ(株)様”の糖鎖サンプル受託調製サービス・サイトです。